1986年4月8日に起こった、当時のトップアイドル「岡田有希子」が所属事務所・サンミュージックプロダクションが入居するビルから飛び降り自殺。

ちょうど30年後の2016年4月8日、テレビの生番組で取り上げたのは「バイキング」(CX)のみ。
出演者の土田晃之が、当時の記憶を語っていた。

amarec(20160410-222426)

amarec(20160410-222531)

amarec(20160410-222546)

amarec(20160410-222620)

amarec(20160410-222651)

amarec(20160410-222705)



以下、当ブログの過去記事を再掲
2011年04月08日
★岡田有希子さん命日「やじうま」で特集
06:49きょう発!!あの日あの時 吉澤一彦アナ
Snap_0149

「岡田有希子さん 命日 人気絶頂の中…突然」
1986年4月8日に自殺した岡田有希子さんを特集。
「歌謡ドッキリ大放送!!」の映像。サンミュージック相澤秀禎会長のインタビュー。
相澤氏「笑顔がとっても可愛い子で、すごく聡明なんですよ。自分の考え方を持っていて、この子はいけるなぁ、と思って」
「儚かな笑顔がファンにはたまらなかった」と吉澤アナ。
一瞬「警告」文が映る。デビュー以来のファンにインタビュー。
相澤会長の手帳に岡田さんの写真。愛知県愛西市・成満寺のお墓。
Snap_0150

Snap_0151

Snap_0154

Snap_0155

Snap_0156

Snap_0157

Snap_0158

Snap_0159

Snap_0160

Snap_0161

Snap_0162


2011年04月03日
★1986年4月、岡田有希子さんの自殺直後の遺体を載せたスポーツ紙の画像
1986年4月8日正午過ぎ。
当時人気絶頂のアイドル歌手・岡田有希子さんが、所属事務所・サンミュージックプロダクションが入居しているビル屋上から、飛び降り自殺を図り即死。マスコミで大きく報じられたが、翌日発行の報知新聞(現在の愛称・スポーツ報知)が、裏一面で、岡田さんの脳漿が歩道に飛散している遺体写真を掲載。「エンマ」(文藝春秋)などの週刊誌が、報知から買った写真を誌面に掲載した。

ネットや一部書籍では、「遺体のカラー写真が掲載された」と書かれているが誤り。当時のスポーツ紙はまだ二色刷りで、週刊誌もモノクロが主流だった。

自殺当日の夕方に発行された読売新聞夕刊。
y1


翌朝の報知新聞。(写真は修正しました)
c1

c2-1

c3


「エンマ」の「岡田有希子特集」。(写真は修正しました)
e1

e2-1

e3-1

e4-1

e5

e6



あれから25年。当時の関係者や、岡田有希子さんが在籍していた堀越高校同級生の中にも、亡くなっている方がおり、月日の流れを感じる。心からご冥福をお祈りいたします。