【TOKYO MX】5時に夢中!3/26
出演:ふかわりょう、内藤聡子、中村うさぎ、美保純
amarec(20140327-070251)


夕刊ベスト8 第7位「朝日 小保方氏の『ウソ相談』で炎上!」(東スポ)
amarec(20140327-070311)

amarec(20140327-070319)

amarec(20140327-070333)

amarec(20140327-070603)


朝日新聞web版に連載中、悪口ライター・今井舞のコラム記事「今井舞 ウソうだん室」。
24日、STAP細胞論文疑惑の渦中にある、小保方晴子氏を題材にした「小保方さん、『大人AKB』で歌手デビュー!(うそ)」の内容が、「度が過ぎる」としてネットで批判が相次ぐ。

小保方氏が、今後の生き方について今井に相談する、という架空記事。小保方氏が、現在募集中の「大人AKB」のエントリー計画を打ち明ける、という内容。ネットでは「悪意しか感じない」「小保方さんが自殺したら責任取れるのか」という批判が殺到。記事は24日じゅうに削除された。

ふかわ「ハイ、うさぎさんいかがでしょうか」

中村「アタシね、コレはね、炎上してるほうがどうかと思うんだよね。だって最初から”ウソ”って書いてあるんでしょ」

ふかわ「そうですね、ハイ」

中村「ウソって書いてあって、悪意とか毒とかがあるわけですよ。でもね、悪意とか毒とかないと、面白くないの。こういうのって。パロディーでしょ。清水ミチコのモノマネと一緒よ。やっぱり悪意とか毒とかあってこそ、パロディーとして成立して面白いわけ。それをさぁ、悪意があるとかさぁ、不謹慎だとかさぁ、小保方さんが自殺したらどうする?しねぇよ」

ふかわ「ちなみに、朝日新聞ていう場所柄もあるんでしょうか」

中村「それもあると思う。朝日新聞がやった、っていうね。そんな固いところが、こんなことやって、とか言ってんだと思うけど、アタシはコレを書いた人(=今井舞)というモノの、才能っていうモノがね、スゴくあると思うの」

ふかわ「この記事を上げた方」

中村「小保方が、いかにも言いそうなことをさぁ。アタシ、このライターさんの味方ですよね」

ふかわ「ちなみにこのライターさんが、朝日新聞でなくどこで掲載してたら炎上起こらなかったでしょうか」

中村「うーん、週刊大衆とか、産経新聞とかじゃない」

ふかわ「サイゾーとかそういったところですか」

美保「エロ本とかいいんじゃない」

ふかわ「同じことを書いても、場所を選んだほうがイイ、ってことでしょうね」

中村「でもいいじゃない、朝日で書いても」

ふかわ「うさぎさん的には、いいんじゃないか、と。ハイ、わかりました、ありがとうございました」


*****

小保方さん、『大人AKB48』で歌手デビュー!(うそ)
文 今井舞 2014年3月24日

今回のお悩み相談者:小保方晴子さん

小保方晴子です。よろしくお願い申し上げます。


ご存じの通り、今私は八方塞がりの状態です。生き地獄です。
自分で撒いた種とはいえ、本当にどうしてこうなることを予測できなかったのか。普通に考えればわかることなのですが、あの時の私には、その感覚がありませんでした。ただ無邪気に「こうだったらいいなぁ」と心に浮かぶまま、近道を作ってその光景を反芻していたというか。毎日毎日をラボだけで過ごすうち、人としての感覚が麻痺していたとしか言いようがありません。もちろん、それが私の犯した行為の説明になるはずがありませんが。

 もう全て無くしました。今後私を雇ってくれる研究所はないでしょう。理研も解雇という形は取らないまでも、私が自主的に姿を消すことを望んでいるはず。この前の会見を見て、それを痛感しました。収入のあてはゼロですが、国費である研究費返還といういばらの道が待っています。額も莫大です。その上日本中に顔を知られて、ひっそり身を立てることももうできません。

何も考えたくない。自分を消し去ってしまいたい。……ですが、このまま一生逃げ続けるわけにもいかないのが現実です。

 どうせ落ちる地獄なら、いっそもっと深いところへ落ちてしまおうか――。そんな考えがふと過り、今私はある計画を立てています。それは、「30歳以上対象の『大人AKB48』応募」です。自分で言うのもアレなんですが、実は歌は結構イケます。他もいろいろ。もし合格できたら、バッシングを乗り越え、いっそこれくらいの開き直りがいい、こんな生き方もあるんだ、人はいつでもやり直しがきくんだ、というところまで世論を持って行く自信があります。

 デビュー曲は「人生切り貼りしちゃえるNO!」。古い感じで逆に。大体のイメージはできているので、あとは新垣さんに曲を作って頂ければ、話題性も十分かと。

……だって他にどんな生き方があるんですか! あるんだったら逆に教えて頂きたいです。私の立場に立った、リアルな道を。

小保方さんへのお答え

 それでいいんじゃないでしょうか。

 ここまで顔も名前も知られてしまったら、確かに田舎でひっそりなんてことも不可能ですね。自己顕示欲の目盛り強めのあなたには「あの小保方さん、イオンの総菜売り場バイトでやっぱり割烹着姿!」などと報じられるのは、死ぬより辛いに違いありません。

 それより、「イチかバチかのバチ当たり! ラボから出てきてホラ話! 千葉県出身、小保方晴子で〜す!」と堂々とキャッチフレーズを口にし、胸を張るあなたの方が、あなたらしい気がします。お金を稼いでくれた方が国費も取り戻せますし。話題探しの秋元康先生もきっと飛びつく、実に名案です。

 あなたの本当の発見はこれだったのですね。こちらは人類には何の足しにもなりませんが。今度はどうか実を結びますよう、願ってやみません。

    ◇
■「毒出し」コラムニスト今井舞さんが、有名人の架空のお悩み「ウソうだん」を勝手に考え、勝手に答える「ウソうだん室」。隔週掲載、次回は4月4日の予定です。

*****

中村は、今井というライターを知らないようなので、同じ週刊文春執筆者だから擁護したのではないと思うが、それにしてもツマラナイ今井の文章。叩いても”愛”がある記事を載せる東スポなら絶対ボツ。日刊ゲンダイならOKか。
ちなみに、「今井舞はペンネーム」と言われているが本名。高田馬場在住とのこと。

当ブログの記事

2011年05月19日07:38
★鈴木おさむを怒らせた「今井舞」とは何者なのか
http://tvmania.livedoor.biz/archives/51977919.html