TOKYO MX「5時に夢中!」12/19
夕刊ベスト8
第5位「”B層”が会社と国をダメにしている」(日刊ゲンダイ)
amarec20121220-063959

amarec20121220-064017

amarec20121220-064744

amarec20121220-065243

amarec20121220-065356

マスコミ報道に流される「IQの低い人たち」を、「B層」と呼ぶ。

2005年の「小泉郵政選挙」で宣伝企画を行った広告会社が作った言葉。IQが低く、小泉純一郎のキャラクターを支持した人たちを指す。

この「B層」が日本をダメにしている、と主張しているのが哲学者の適菜収(てきな・おさむ)氏。著書「日本をダメにしたB層の研究」(講談社)の内容を紹介する記事。

サブMC・内藤聡子が「てきなおさむ」を「たてなおさむ」と誤読。

B層は「期間限定」「数量限定」「食べ放題」「産地直送」「有機栽培」「長期熟成」「秘伝」「匠」「隠れ家」「クーポン」「カロリー○%オフ」などのキーワードに左右されやすい。

中村うさぎ「アタシは当時、小泉純一郎は支持しなかったんだけど、B層のキーワード、全部アタシ弱い。悪いけどアタシ、B層」

ふかわりょう「その言葉には、みんな弱いと思います」

うさぎ「こんな言葉にに左右されるのはB層だって、ものすごく上から目線で、日刊ゲンダイは言ってるワケ。お前スゴイ賢いつもりなんだ、みたいな記事なワケよコレ読んでるとさぁ」

内藤が、B層の定義「マスコミ報道に流されやすいIQの低い人たち」をフリップで紹介。

ゲンダイの記事では、「マスコミ報道」ではなく「テレビ報道」。テレビの夕方のニュース番組を批判。もちろん”マスコミ”にゲンダイは入らない。

うさぎ「小泉に入れた人がIQが低い、なんて調べたこともないのにさぁ、こういうことをノーデータで言う方こそ、アタシいかがなものかと思うんだよね。広告会社が出した言葉、って言うけどさぁ、いかにも広告会社が安易に作り出しそうな言葉だしさぁ、ホントにどうかと思うけど、悪いけどアタシ、B層だから。B層のBは、ブス、ババアよね。よろしくお願いします」

アタシもB層かな、と言う美保純。

ふかわりょう「政治に関わらず、流されやすい人、って言うのは、例えB層と称されても、必要なんじゃないでしょうか」

※以下、適菜収のブログより転載

これが【B層】の特徴だ!
□ 郵政改革法案で小泉自民党を支持した層
□ 改革、維新といったキーワードに惹きつけられる層
□ 平等主義が正義だとカンチガイしている層
□ 分をわきまえたり、身の程を知ることのない層
□ 理解できないものは自信をもって拒絶する
□ 官僚のわかりやすい不正義が許せない
□ 現在をおろそかにして未来を信仰する
□ 鮨屋で「アガリ」などの符丁を使う
□ 宣伝過剰な「男の隠れ家」が好き
□ 期間限定、数量限定に弱い
□ デモに参加することに意義があると思う
□ 英語ブームや資格ブームに流される
□ 政権交代を望んで民主党に票を入れた層
□ 破壊が何かを生み出すと信じている

※「小泉」や「民主党」以外は、日刊ゲンダイの支持層に当てはまる。
適菜は「維新の会」も批判していて分かりやすいが、他人より優位に立ちたい、と思っている人には最適の書、なのかも。

第4位「松金ようこ 闇社会の人脈」(東京スポーツ)
amarec20121220-062756

amarec20121220-062809

amarec20121220-062830

amarec20121220-063222


ペニーオークション詐欺の”黒幕”と言われているグラビアアイドル・松金ようこ(30)。京都府警から事情を聞かれているが、人脈には闇社会の大物もいる、という話。

昔は、芸能人に近づく得体のしれない人物がよくいた、と話す美保純。

中村うさぎ「あたしも、どっかの社長の、ウンコを、顔にかけさせたら、100万円あげる、って”団鬼六”に言われた」スタジオ爆笑。

うさぎ「それで、ちょっと躊躇してたの。えー、人のウンコがアタシの顔にー、って。そしたら、”ガーゼかけてええで”って言うから、ガーゼかけていい、って言われたら、アリかなー、と」

ふかわりょう「その話聞いたら、ペニーオークションなんて軽いもんですね」


【EX】「マツコ&有吉の怒り新党」12/19
「カレーのルーとご飯 配分よく食えないヤツ」より。
amarec20121220-071157

amarec20121220-071224

amarec20121220-071255

amarec20121220-071940

有吉弘行「なんかね、スゴイじゃん。テレビとかで、何がクレームが来るって、お箸の持ち方って、スゴイクレーム来るの。俺は、そんなにお箸の持ち方おかしくないから、怒られたりすることないんだけど、(変な持ち方をしている人へのクレームが)スゴイわけ」

マツコ・デラックス「お箸にクレーム、って、どうクレームしてくるの。あんなものテレビで映されたら、うちの子がマネしちゃいます、みたいな?」

有吉「見苦しい。見てらんない。(食べるとき口を)クチャクチャ言わせる、とかね。あんな人に食の味など分からない、レポートを聞きたくない、って多いよ。ホントお箸の持ち方はうるさく言われるよ」

マツコ「ここで何か言ったらまた(クレームが)来るからやめよ」

有吉「古い人が怒っているだけなのかなぁ。若い人がそんなに・・・」

マツコ「いやーアタシ、そんなねぇ、ちゃんと子供しつけられる、ある程度トシのいった、お母さんが、そんな事でクレームしてこないと思う。それはそれ、でもうちの子はちゃんと育てました、っていう、50、60になったお母さん方は、わざわざそんなバカみたいなクレームしてこないと思う。多分アレよ、大して子供しつけられないヤツがやってくるのよ」

※箸の持ち方についてのクレームは、圧倒的に老年層が多い。
NHK「鶴瓶の家族に乾杯」で、笑福亭鶴瓶が、自分が食べるシーンのVTRが流れる前に、僕ホントに箸の持ち方がダメなんです、ホントにゴメンナサイ、と何度も恐縮していたことがあったが、「たかが」箸の持ち方で、そんなに謝ることないですよ、と思ったものだ。