きょう、札幌市の北海きたえーるで行われた、クリエイティブオフィスキューのタレントが総出演するライブ「キュードリームジャンボリー2012」で、オフィスキュー鈴井貴之社長が、この七月いっぱいで社長を辞任する、と自ら発表した。

突然の発表にどよめく会場。八月からは、現副社長の鈴井亜由美さんが社長に就任。鈴井貴之氏は「会長」に就任。「今までと全く変わりません」と社長。

黄色いパンツ一枚がトレードマークの「マッスルブラザーズ」(安田顕、音尾琢真)が床下から登場。「祝 会長」のタスキを掛けた音尾が、社長にタスキを掛ける。黄色いパンツを脱ぎ、社長の頭に被せる安田。

今回のライブは、NACSメンバーが演じてきた懐かしいキャラクターが続々登場。

安田がラジオで演じた「ヘコイダーマン」が復活。スパイダーマンではなく、スーパーマンふうの安田が、ステージで屁を20発放ち、オフィスキュー20周年を祝う、という企画。

安田のヘルプとして、他のオフィスキューメンバーが放った屁もカウントされる。屁を一発放つごとに、20段の階段を一段ずつ登る安田。

20段目の上には、オフィスキュー20周年のマーク「二十」の「二」が掲げられている。

巨大な「十」マークを背中に装着し、正に「十字架」を背負った状態で階段を登る安田。途中で色々なコーナーを挟み、オクラホマ河野真也らの協力を得ながらも20発の放屁を完了、無事「二十」マークを完成。演出は森崎博之、とのこと。

次回のキュードリームジャンボリーは2014年に開催される。

(映画館で行われた「ライブビューイング」を観て記述。今回のライブは、オフィスキュータレントが関わってきたラジオ番組が基になっているが、ライブビューイングの渋谷会場では、開始後しばらく映像が出ず、正に「ラジオ」状態だった、とのこと)