TOKYO MX

5時に夢中!3/29

17:00オープニング

bdcam 2012-03-30 08-09-23-812


きょうのコメンテーターは岩井志麻子と西村賢太の「極北作家コンビ」。



岩井「この二人っていうのは、同じ箱というかファイルに入れられているんですか。分かりました。そのつもりで行きます。大丈夫です」



逸見太郎「西村さん(5時に夢中!は)2回目の登場ですが、前回非常に反響が」



西村「ありがとうございます」



逸見「鋭いコメント期待しております」





17:02きょうのテーマ

「死刑制度についてどう思いますか?」視聴者から“生投票”を受付開始。

死刑制度について・・・

岩井「公開してもいいと思いますよ。もちろんテレビでみんなに見せるんじゃなくて、希望者だけ。被害者の遺族であるとか。密室で何が行われているかわからない状態で、死刑は行われてるじゃないですか。命は奪ったら取り返せないじゃないですか。死刑を見せる事によって、死について生について罪について罰について考えられると思うんですよ。野獣のような人が、改心して更生して立派になっていても、それでも死刑は執行されるんです。これぐらい取り返しがつかない、ということを、目の当たりにさしたほうが、いいんじゃないかと思いますよ」



逸見「去年は、民主党政権下で、死刑が19年ぶりに一度も執行されなかったんですが」



西村「単純に、犯罪の抑止力として必要ですね。(死刑が)確定したならば、何十年もほっとかないで、早め早めに執行しないと、抑止力が弱まりますね。どんどんやったほうがいいですね」





17:06夕刊ベスト8

●8位 夕刊フジ「北朝鮮ミサイル 日本被害も」

逸見「今回のミサイル発射について、どう思われますか」



西村「いやー、今回、九州ですよね。落ちたとしても。僕らは、この番組見てる人は、(TOKYO MXは)東京しか映んないんで、“対岸の火事”ですかね」



逸見「対岸の火事!いやいや日本国民の問題ですから。西村さん」



西村「いやいや、広く言えばそうですけど、さしあたっては(東京には)被害がない、ということで、様子を見たいですね。東京に落ちる可能性が出てきたら、その時改めて考えたいな、と」



逸見「岩井さんどうです?」



岩井「はた迷惑な国だわねぇー。北朝鮮のなんですか、ブクブクした奴。ジョンウンさんですか。あのね、アタシのダーリンは“ジョンウォン”でしょう。名前も似てるし歳も同じなのよぉ。アレを見るたびに、うちのジョンウォンが、大統領をやっとるようなもんと思ったら、なんと恐ろしいと思いますもん。落とすなよ日本に」





●7位 日刊ゲンダイ「T・ティーボウとマドンナの共通点」

岩井と西村の、作家以外の共通点は・・・毛じらみはないが、お互い「疥癬」(かいせん)になったことがある、と言う岩井。「笑っていいとも!」で、講師役で出演したことも共通点、とのこと。





●6位 日刊ゲンダイ「AKB48 あっちゃん卒業後の新戦略」

bdcam 2012-03-30 08-09-33-203


逸見「西村さんの『苦役列車』が映画化となり、ヒロインに前田敦子さんが抜擢されたということで。前田さんとお会いしたことは」



西村「あります。いやまぁ可愛かったですね。パッと見た感じは、髪型がこんな感じで、キノコみたいな。可愛くて、清潔な、“亀頭”みたいな」スタジオ爆笑。



西村「亀頭みたいな」



逸見「西村さん、“マッシュルーム”とかオブラートに包んだ(発言を)。ファンに怒られますよ」



西村「可愛くて、キレイな、いい匂いのする“亀頭”」



岩井「ハッハッハッハッハ」



逸見「言い直して、キレイに言ってる感ありますけど、(ファンに)怒られちゃう。(前田敦子を起用する)キャスティングはどうですか」



西村「前田さんはいいと思うんですけど、まぁでも不満は不満なんですけどね」



岩井「そんなに可愛いピンクの“亀頭”が不満なんですか」



逸見「岩井さんもひっくり返って(笑って)いましたけれど」



岩井「もうー、賢太さんには勝てんわ。別に勝とうとも思ってないですけど」





●5位 東京スポーツ「世界王者が不審者扱い!?」

不審者扱いされたことは・・・

韓国でスピード違反をして警察に連れていかれた岩井。たどたどしい韓国語で話した岩井。警官に取り囲まれたが、理由は「言葉に“ピョンヤンなまり”」がある、と。「これ(出身の)岡山なまりだよ」と岩井。



西村は・・・「不思議なことに、最近は無いですね。十代の頃はしょっちゅう“職質”されてたんですよ」

外を歩いていても“西村賢太”と気づかれない、と語る。

岩井「風俗店ではねぇ」

西村「風俗店で、気づかれると困っちゃいますねぇ」

岩井「これ以上有名になると“変態プレイ”ができなくなる」





●4位 読売新聞「電子書籍 出版社に原版権を」

逸見「作品の電子書籍化、についてどうお考えですか」



西村「僕はあんまり、期待持ってないんですよ。3冊、電子書籍になってるんですけど、まぁさっぱり売れない。この半年ぐらいで、50冊ぐらいしか売れてないんですよ。出版社の言い分としては、それでもいいほうです、と。どんだけ売れないんだ、という話ですよね。(電子化の)流れとか、ブームが来ちゃった場合、後手後手になるよりは、整備しているのはいいことと思うんですけど、僕自身は、将来性を持って見てないですね」



逸見「(電子書籍化)勉強会のメンバーはどうですか」



西村「これ見て、阿刀田高さん、林真理子さん、これは分かりますよ。電子書籍もよく売れるでしょう。そん次の“三田誠広”(=みた・せいこう、と発音)?この人、失礼な話、“過去の人”って言うんですかねぇ」



岩井「エェーッ」



西村「まぁ(三田は)芥川賞作家ですけど、なんでこの人が入ってるのかな、と。著作権か何かの旗振りやってる人なんだけど、まぁこの人関係無いでしょう、と」



岩井「いやいやあの、三田さんって、確かおぼっちゃまで、“コピーのミタ”(=旧・三田工業)の御曹司なんじゃないですか?どうして、“コピーのミタ”のおぼっちゃまが、コピーはダメ、って言ってるの?」スタジオ爆笑。



逸見「お上手ですね岩井さん」



岩井「これはどういうことかしら」





●3位 夕刊フジ「イスラム社会の過激な教え」





●2位 東京スポーツ「優香、12年ぶりの水着姿」

逸見「西村さんどうですか」



西村「僕は。この優香さんは、あまり好きなタイプではないんで。あんまりそそらないですね」



岩井「あまり“チンピク”の対象にならない、ということですか?」



西村「あまり“チンピク”にはならない」



逸見「何ですか、その“4文字”は。ピクッと。その音で分かります。ピクッとなる方は、ちなみに」



西村「チンピクの対象ですか。僕は、(AKB48の)柏木由紀さんですかね」



逸見「どんなところが」



西村「色白で、おとなしい感じで、清楚なところが、そそられますね」



逸見「想像して、いろんなところが見えてくる」



西村「そうですね。彼女は色が白いじゃないですか。となると、乳首は必ずピンクだな、と」



逸見「コラーッ」



西村「コントラストが。更には、下のほうが、かなり濃い目の」



逸見「濃い目の、って!想像しすぎですよ!ファンのかたに怒られますよ。岩井さんどうですか」



岩井「乳首の黒いオバハンとしては、もうちょっとほんとにもう、ねぇ、なんでアタシがこんなに焦っているんでしょうねぇ」





●1位 夕刊フジ「まだまだあった!こんにゃくの使い方」

こんにゃくを“TENGA”の代わりに・・・と言う岩井。





17:31 5時クリニック

「彼氏の風俗通いにどう対応すれば・・・」という視聴者のお悩みに答える。フリップを挙げる西村と岩井。

西村は「試しに別れる」

彼氏の対応を見てみる。西村は、彼女がいるときは風俗には行かない、とのこと。

岩井「鶯谷“デッドボール”に行かせなさい」

“デッドボール”について、岩井「すんげーデリヘルがあんのよ」

地雷(の女性)しか置いてない、どんなに彼女が嫁さんがいいか分かる、罰ゲームとして利用されている、採用条件は「他店で断られた方」、と語る。



※鶯谷デッドボール 公式サイト http://www.deadball.biz/ スゴイです!!