kao01

kao02

今から26年前の1982年。
現在はイラストレーターとして活動している「カオルコ」が、奇天烈なアイドル歌手「新井薫子」だったときの、レコード販促イベント。大阪・高島屋難波店のホール。
1982年といえば、アイドル歌手大豊作の年で、いろんなアイドル歌手がいましたが、新井薫子は「イラストが得意」というのを売り物にしていました。愛称は、薫子から「かおちゃん」。顔がデカイから、ではありません。
「TDKレコード第1弾歌手」として、宣伝にも力が入っていました。レコードといえば普通は真っ黒ですが、新井薫子は透明な水色だったのが印象的。「分厚いソノシート」という感じも・・・ていうかソノシートって何、と若い人に言われてしまいそうですが。
2年ほどでアイドルからはフェードアウト、イラストレーターの道に。現在は吉本興業所属のアーティスト。
KAORUKO×NY アートジャーナルhttp://kaoruko.laff.jp/