26日発行の東スポ一面。週刊現代が報じた「嵐・大野智、大麻3P」記事について、ジャニーズ事務所関係者は、大野と女性の交際については認めたが、大麻については完全否定。講談社との取引を今後一切停止する、と通告した、とのこと。
少女漫画誌での「関ジャニ∞漫画」や、ファッション誌の連載、カレンダーなどの企画を中止、というような内容だった。ジャニーズの公式コメントはなし。週刊現代編集部は文書で、記事の内容には自信がある、とコメント。講談社の他誌編集部のコメントはなし。

ジャニーズは、2000年に「週刊女性」(主婦と生活社)の記事が元で、「JUNON」などで懇意にしていた主婦と生活社との関係がこじれ、主婦と生活社との取引を停止。山口達也の愛犬(じゅのん)の名付けにも使われた「JUNON」から、ジャニーズタレントが消えた。
ジャニーズと決別した「週刊女性」は、その後もジャニーズ批判を続け、「ジャニーズ暴露連載」はジャニーズに訴えられ連載終了。

講談社は、集英社や小学館に比べると「ジャニーズ依存度」は低いので、「ジャニーズカレンダー利権」が消える以外は、それほど影響はないと思われるが、「ジャニーズドラマ」の記事を載せる場合も「ジャニーズ抜き」のいびつな構成が予想され、編集は苦労するだろう。
「週刊現代」「フライデー」は毎週のようにジャニーズ批判記事を掲載、「日刊ゲンダイ」はそれに便乗してジャニーズ叩き・・・。となると、ジャニーズファンの「講談社離れ」が進み、ジャニーズ・講談社双方よろしくない、ということで歩み寄り手打ち、と予想。

以下は、毎年2月ごろに発売される「ジャニーズ事務所公認カレンダー」の一覧。ネットで分かる限り調べましたが、古い年代のものはデータが無く不明。どなたか補足していただけませんか(^^;
すべて書籍扱いだが、納入が義務付けられている国立国会図書館には、どれも納入されていない模様。カッコ内は出版社だが、ジェイステーションはジャニーズのグッズ販売会社、M.Co.の販売は角川書店(角川グループパブリッシング)。

1996年
SMAP(主婦と生活社)、TOKIO(マガジンハウス)

1997年
ジャニーズJr.(小学館)

1998年
TOKIO(主婦と生活社)、KinKi Kids(主婦と生活社)、V6(ワニブックス)、ジャニーズJr.(小学館)

1999年
TOKIO(マガジンハウス)、KinKi Kids(主婦と生活社)、V6(ワニブックス)、ジャニーズJr.(ワニブックス)

2000年
TOKIO(小学館)、KinKi Kids(マガジンハウス)、V6(主婦と生活社)、嵐(ジェイステーション)、ジャニーズJr.(小学館)

2001年
堂本光一(小学館)、堂本剛(角川書店)、V6(アシェット婦人画報社)、嵐(ワニブックス)、ジャニーズJr.(集英社)

2002年
堂本光一(小学館)、堂本剛(角川書店)、V6(講談社)、嵐(ワニブックス)、ジャニーズJr.(集英社)

2003年
堂本光一(講談社)、堂本剛(小学館)、V6(角川書店)、嵐(ぴあ)、タッキー&翼(集英社)、ジャニーズJr.(ワニブックス)

2004年
堂本光一(講談社)、堂本剛(小学館)、V6(光文社)、嵐(ぴあ)、タッキー&翼(角川書店)、ジャニーズJr.(集英社)

2005年
堂本光一(光文社)、堂本剛(ぴあ)、V6(小学館)、嵐(講談社)、タッキー&翼(角川書店)、NEWS(集英社)、ジャニーズJr.(ワニブックス)

2006年
堂本光一(光文社)、堂本剛(ぴあ)、V6(小学館)、嵐(講談社)、タッキー&翼(角川書店)、NEWS(集英社)、関ジャニ∞(M.Co.)、ジャニーズJr.(ワニブックス)

2007年
KinKi Kids(マガジンハウス)、嵐(講談社)、タッキー&翼(ぴあ)、NEWS(角川GP)、関ジャニ∞(小学館)、KAT-TUN(集英社)、ジャニーズJr.(ワニブックス)

2008年
嵐(マガジンハウス)、タッキー&翼(M.Co.)、NEWS(講談社)、関ジャニ∞(光文社)、KAT-TUN(小学館)、ジャニーズJr.(ワニブックス)