今日発売の「週刊アサヒ芸能」に「108センチKカップ・爆乳アイドル青木りんが、AV女優に決意の淫乱転身!」という記事が。

ここ1か月、ネット上で「現役アイドル"A"がついにAVデビューか?」という噂が飛び交っていた。AV制作スタッフから「A」は、過激なDVDをリリースしているグラビアアイドル「青木りん」と聞き、青木の事務所を直撃。慌てる事務所だったが、後日、青木本人がアサ芸の取材を受けた。

記者の前に座るなり「私がAVに出るという話は…事実です。実は昨年の11月に、デビュー作も撮り終えているんです」と青木。04年秋に、関係者からAVデビューを誘われていた。AVは夏目ナナやあいだゆあのビデオをTSUTAYAでレンタルして見ていた、初体験はデビュー前に付き合っていた2つ上の彼氏と17歳のとき、好きな体位は正常位、などAV女優インタビューの体。

記事後半は、取材3日後のAV撮影現場リポート。男優と3Pを演じる内容。「自慢はやっぱりオッパイなので、2年後ぐらいに『パイズリの女王』になれたらいいかな」と語る青木。デビュー作「現役アイドル ギリギリモザイク」(S1)は、5月7日に発売される…パブ記事だったか。

AVもどきの「着エロ路線」で成功したが、AVでは成功するかどうか。AVの女王になるには、ルックスが最重要ではないかと。