●日本テレビ「超新感覚バラエティ 緊急指令!24」
▽エージェントから指令を受けた芸能人が、24時間その指令をずっと遂行できるか試される企画。24時間出来れば賞金100万円獲得。MCは船越英一郎、ゲストはユンソナ。プロデューサー・演出は大友有一、チーフプロデューサーは管賢治。

ターゲットはウエンツ瑛士と熊田曜子。ウエンツは「頭に装着した紙風船を24時間守りきれるか」5個割れたらアウト。紙風船を守りきるため、仕事中もビクビクするウエンツ。フリスビー名人が、背後からウエンツの紙風船を狙ってフリスビーを投げるシーンがあったが、頭を狙うのはちょっとマズイのでは…。仕掛け人としてFUJIWARA原西が登場。残り時間24分で、5個目の紙風船が割られアウト。

熊田は「ピンクレディーの曲が流れたら即踊れるか」5回ミスしたらアウト。移動のタクシー車内、雑誌取材、銀座歩行者天国、ネイルサロン、福家書店DVD発売イベントでの出待ちファンから渡されたぬいぐるみから突然流れるピンクレディーの曲。
友達と食事する熊田。胸の谷間が見える衣装がセクシー。生演奏のピアノで弾かれる「UFO」に合わせて踊り出す熊田。「カルメン’77」では、踊り間違えてアウト。夜はホテルに宿泊。自分のケータイの着メロ、翌朝のモーニングコールがピンクレディーの曲。

翌朝、ラジオ番組「熊田曜子のよーこお聴き!」(かしわプロダクション制作)の収録に向かう熊田。路上のストリートミュージシャンが「カルメン’77」「ウォンテッド」を演奏。ラジオ収録でも突然「ウォンテッド」が流れポーズを取る熊田。“船越英一郎からのリクエストはがき”を読み上げ、「カルメン’77」が流れ踊る熊田。
番組収録のため日テレに来た熊田の前にエージェント登場。現在ミスは4回、100万円獲得まであとあと3分、というところで、エージェントとの話に気を取られているうちに、後ろの大型ビジョンに「UFO」が流れアウト、100万円獲得は幻に。熊田「“UFO”が悲しい曲に感じてきました」。「最初からこの番組、100万円をあげるわけないと思ってたから」とユンソナの感想。

あちこちに用意された仕掛けが面白かった。今回視聴率がよければレギュラー化も?土曜の深夜枠あたりがいいかな。