今日発行の日刊ゲンダイが、来年3月でフジテレビの長寿番組「笑っていいとも!」を打ち切り、
4月からは明石家さんま司会で「さんまのお昼番長」(仮)を放送予定、と報じている。
タモリの後釜には、当初中居正広の名が挙がっていたが、スケジュールの都合が付かず、
日替わり司会も検討されたが、タモリの強い要望により明石家さんまが浮上。
さんまは「年間8000万円」という格安のギャラで引き受けた、とのこと。
タモリは、出演者の入れ替えが検討されている日本テレビ「笑点」の司会に起用か、とも。
「タモリが笑点司会者」は、奇しくも今日発行の東スポにも掲載されていた。

***
過去に、さんまがメイン司会の生番組といえば、低視聴率のため1クールで打ち切られた「生さんま・みんなでイイ気持ち!」(フジテレビ、1995年)や、生放送が売りだったものの、その後収録番組に変更された「生だ!さんまのヒットマッチ」(テレビ朝日、1985年)などがある。