昨日発売のフラッシュ「苺みるく 懺悔告白ヌード お騒がせしました」を読む。

今年7月13日、ソフトバンク投手・吉武真太郎との付き合いがもつれ、睡眠薬を飲んでリストカット。「フラッシュ」に手首の傷痕も生々しい姿で、吉武との交際を告白。1週間後の20日、富士山麓で排気ガス自殺を図ったが、警察官に発見され一命を取り留めた。

2度に渡る自殺未遂の真相は、吉武と連絡が取れない上に、「ネットの書き込みには『死ね、死ね』ってばかり書いてあって、別にあたしなんかこの世に必要ないと思ったの」と話す。

親に内緒にしていたAVの仕事もバレた。警察には親が迎えに来たが、「もう実家に戻りなさい」などと言われバックれる。ネットの「頑張って生き抜いてください」という書き込みに励まされ、再びAVで頑張ることにした、とのこと。

***
ネットの悪意ある書き込みが、当事者を傷つける例、とも言えるが、ネットを見ない、という選択肢もあるわけで、誰か身近に彼女を支えてくれる人はいないのかな、と思う。マスコミには出ない方がいいでしょう。