昨日発行の日刊ゲンダイ「マニアが買いに走る藤本綾”引退DVD”の濃厚な中身」という記事。
7月23日から、東京・テアトル新宿で2週間限定レイトショーで公開中の映画「メノット」。
”ニャンニャン写真”流出で芸能活動を休止していたアイドル・藤本綾。藤本の芸能界復帰作だった同映画が、引退作品になってしまったのだが、藤本の大胆な”濡れ場”目当ての客で予想以上の反響。
「公開初日は立ち見客が出たほどの盛況でした。レイトショーとしては異例のヒットを記録しています」(配給のブループラネット)
映画館のみで先行発売されている、未公開映像を収めたDVDも大人気。藤本の乳首を本編とは別の角度から丹念に撮影した映像や、DVDでしか見られない共演の国分佐智子のセクシー映像も収録されている。

***
公開前から、週刊誌やスポーツ紙で話題になっていた「メノット」だが、いざ公開されると記事にするマスコミは皆無。藤本の裸目当ての客は入っているようだが、映画関連のサイトや個人ブログでは「内容がなくて腹が立った」など酷評が目立つ。藤本は既に引退しているので、この映画出演についての感想などは聞くことができないが、芸能活動休止から映画出演→引退に至るまで、どういう心境だったのか、いつか聞いてみたい感じ。