週刊新潮「葬儀が学会式で分かった『AV女優』後日談」という記事。
35歳で急死したAV女優・林由美香。通夜に出席した関係者によると、「創価学会のシンボル、赤、黄、青の三色旗が飾られ、学会専用の受付があって、600人の参列者のうち、座席に座れたのも創価学会員だけでした」。男優の加藤鷹、女優の及川奈央や小室友里らAV業界の有名人も、みな立ったままだった。
ラーメンチェーン店・野方ホープ軒を経営する母親と弟が、熱心な学会員である。二人は由美香の職業を理解し、97年公開のドキュメンタリー形式アダルト映画「由美香」にも出演している。
AV業界関係者によると、学会にはAV関係者が多く、学会にはAVを表現活動として認める環境がある、とのこと。AV監督や女優が、自分のビデオを学会の集会に持ち込み、みんなで鑑賞することも。年配の女性が、感動して泣いたりすることもあるそうだ。

***
林由美香の葬儀の様子は、各週刊誌にも掲載されていたが、家族が学会信者だったとは。由美香が遺体で発見されたときの様子は、ビデオで撮影されている、とのことだが、そこまで商売にするか、という気もする。