朝鮮日報「『扶桑社波紋』でイ・ビョンホン所属事務所が謝罪」http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/05/26/20050526000052.html

 韓流スター李炳憲(イ・ビョンホン)の写真集と映画『甘い人生』の写真集が歴史歪曲教科書を出版したフジサンケイグループの扶桑社を通じて販売されたことに対して非難が殺到し、李炳憲の所属事務所プレーヤーエンターテインメントと『甘い人生』の配給会社CJエンターテインメントが釈明と共に謝罪の意思を伝えた。

中央日報 「『扶桑社波紋』李炳憲、CJ『まったく知らなかった』」http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=63902&servcode=700§code=710

日本で発売された李炳憲(イ・ビョンホン)の写真集と映画『甘い人生・ビジュアルブック』が、歴史歪曲教科書を出版したフジサンケイ系列の出版社である扶桑社という事実が明らかになり、李側と『甘い人生』の投資・配給会社のCJエンターテイメントに非難が集まっている。
これに対して両側は25日「契約当時、全く知らなかった事実」とし困惑している。

扶桑社のサイトからは、当該の写真集とビジュアルブックが既に削除されているようだが、読者に対して説明もすべきだろう。