週刊女性「モーニング娘。矢口(22)”脱退”じゃなく”引退”で結婚したかった!」という記事。

俳優・小栗旬との熱愛報道で、「アイドルとしての自分を裏切った」とモーニング娘。を急遽脱退した矢口真里。
矢口を知るテレビ局関係者が語る。
「矢口はトップアイドルの地位がプレッシャーだったみたいです。プライベートで外出するときは帽子を必要以上に深くかぶっていました」
確かに”アイドルとしての自分”を常に意識していたようだ。

芸能プロ関係者が明かす。
「実は、あややと橘慶太の交際が発覚したときに、モーニング娘。の全メンバーが事務所に呼ばれたそうです。なんでも、交際相手をちゃんと事務所に報告するように、って。でも矢口は”申告”しなかった。で、バレちゃった。最悪の結果になったんですよ」

***
矢口自身が会見を開いて真相を話さない限り、矢口も事務所もイメージが悪くなるばかり、のような気がする。
矢口のいない「モーニング娘。コンサート」について、事務所は返金に応じている。ならばモーヲタは、可能性が乏しい「復帰嘆願運動」よりも、抗議の意味を込めて「チケット払い戻し運動」でもやったほうが効果的では。