今日発売の「フライデー」に、松雪泰子と萩原聖人のツーショット写真が掲載された。

しかし、今年1月に「女性セブン」で、二人が”韓国旅行”していた、と報じた時と同様、今朝のテレビはもちろんのこと、朝刊スポーツ紙、夕刊の東スポやゲンダイも完全無視。
「フライデーが報じた」ぐらい書いてもよさそうだが、松雪の所属事務所「スターダスト」に、気を遣いすぎじゃないですか。

今日のゲンダイは、みのもんたが東証1部上場の水道メーター製造会社、愛知時計電機の個人筆頭株主になったことをテレビが報道しないのはおかしい、と書いていた。
しかしゲンダイも「大マスコミ」(ゲンダイ)同様、スターダスト所属タレントに関しては沈黙を決め込んでいるワケで、エラそうなことは言えないだろう。

そういえば「フライデー」誌面には、萩原の前妻・和久井映見の名前が「和久井映美」と誤植されていた。よくある間違いだが、気をつけて欲しいもの。
フライデーといえば、大阪でリポーターとして活動していた別府あゆみ(現・マジレンジャー)を、白石美帆と見間違えて掲載した過去もある。

スターダストといえば、所属の椿隆之(仮面ライダー剣)がホモビデオに出演していた、という記事が黙殺されたことを思い出す。
昨年9月28日発売の「フラッシュ」に、椿の画像付きホモビデオ記事が載ったが、他のマスコミはすべて無視、という件。

以下、昨年9月28日に書いたエントリより。2ちゃんねるほか、多数のサイトに転載された。

■ ★「”仮面ライダー剣”の椿隆之がホモビデオに出演していた」記事が黙殺されるワケ

今日発売の「FLASH」に、椿がホモビデオに出演していた、という記事が。ネットでは夏頃から話題になっていたそうだが、ホモビデオ出演が、椿本人であることが確定した。ビデオ撮影時は、仮面ライダーに出演が決まる前だが、既に事務所にも在籍していたので、ビデオ出演は軽率であったことは否めない。

テレビはもちろん、朝刊スポーツ紙も完全無視。東スポ、ゲンダイ、夕刊フジも黙殺。椿が芸能プロ大手のスターダスト所属であること、仮面ライダー制作の東映を怒らせるとマズイ、などの判断だろうか。FLASHの報道は勇気ある行為ですが、このまま埋もれてしまいそう。椿のファンサイトは早速荒らされて閉鎖に追い込まれた模様。